会社案内

健康経営の取組み

従業員の健康維持・増進が、安心・安全のサービスを提供する基盤となり、職場環境の改善、従業員やお客様の満足度に繋がると考えています。
こうした考えのもと、2023年9月に、次の健康経営宣言を制定いたしました。
 
 
 

健康経営宣言

従業員が心身ともに健康であることが、安心・安全のサービスを提供する基盤と考え、安全・健康・快適に働ける職場環境を目指し、「健康経営」を実践するために、会社、従業員、健康保険組合が一体となり取り組みます。
(2023年9月制定)
 
 
 

基本方針

職場の環境整備や働き方改革を通して、従業員の健康基盤づくりを推進します。
従業員への健康情報の提供や個別支援を通して、ヘルスリテラシー向上に取り組みます。
生活習慣の改善とともに、予防、早期発見、両立支援など、体の健康づくりに取り組みます。
一人ひとりがメンタルヘルスを理解し、適切に心のケアができるように支援します。
一人ひとりが「健康」の大切さを認識し、自覚をもって健康増進を目指します。
 
 
 

従業員の健康課題と健康増進への施策

生活習慣の改善
ストレスの軽減・削減
ヘルスリテラシーの向上
感染症予防対策
 
 
 

社員の健康保持・増進に関する指標定期健康診断結果等集計報告

定期健康診断
  2019年 2020年 2021年 2022年 2023年目標値
受診率 94.8% 96.7% 94.5% 100.0% 100%
 
ストレスチェック実施率
  2019年 2020年 2021年 2022年 2023年目標値
受検率 71.7% 79.7% 92.4% 91.3% 95%
 
インフルエンザ予防接種率
  2019年 2020年 2021年 2022年 2023年目標値
接種率 57.8% 40.0% 50.4% 26.1% 35%
 
アブセンティーズム(病気による欠勤日数の全社員平均値)
  2022年
実績値 1.7日
測定方法:疾病休業開始後、有給休暇を除き欠勤した日数を把握する。主治医による診断書の提出義務  
 
 

推進体制

推進体制